タケムラ商事入社前

大学卒業後、宮崎県にある弊社の仕入先の会社で5年間修行をしました。入社後、最初に配属されたのは生産部。そこでは、直営農場でニワトリを飼育することからはじめ、指導員として農家さんを回って、鶏の状態をチェックする仕事をしました。その後、加工食品部に配属になり、コンビニベンダー様向けのチキンカツの製造などを行いました。また、処理場では鶏の解体なども経験しました。そして、本社営業部に配属になり、営業の仕事をさせていただきました。鶏の生産から処理、加工、流通にいたるまで、一連の流れをすべて学ぶことができ、この時の経験が仕事をする上での基礎となっています。

 タケムラ商事入社後

弊社入社後、一番印象に残っているのは、小牧営業部の立ち上げの仕事です。鶏肉の処理をする会社と業務提携をして、その会社のお客様をすべて引き継いで、そこで製造した鶏肉を弊社が仕入れて販売をするといった業務内容です。当初弊社から配属になったのは3名。流れを作るまでは、日中は現場で作業をして、その後、事務処理をするといった日々でした。独身だったこともあり、日付が変わるまで仕事をして、そのまま健康ランドに泊まって、次の日また仕事に行くといったことをしていました。今から思えば、良い経験だったと思います。

 

 社長就任時

社長就任当初は、社長業とは何をしたら良いのか、社長とはどうあるべきか、よく分かりませんでした。先代も丁稚奉公から叩き上げで社長になった方なので、具体的に何をしたら良いのかは教えてもらえませんでした。そこで、経営の本を読み、経営者の勉強会などに参加して、いろいろな経営者の方と話をするなかで、勉強をさせていただきました。

 タケムラ商事のこれから

鶏肉の卸売り事業は弊社の基幹事業であり、良質なテーブルミートを産地から小売店にお届けするという重要な役割を担っています。また、一次加工や串の事業も卸売り事業者としての信頼の上に受注をいただいています。卸売事業は、今後とも弊社の基幹事業として維持発展させていかなくてはなりません。一方で、情報技術の進化やロジスティックスの進化によって、卸売り事業の存在意義が変化してきているのも事実です。昔の卸売り事業者のように仕入れて売るだけのポジションでは利益を確保しづらくなっています。ですから、今後は今まで以上に加工事業を強化し、串刺し工場の増産も進めていきます。

 

 社長としての夢

お客様から「鶏肉のことならタケムラ商事に聞け」と言われるような存在になり、東海地区において、鶏肉に関する分野で圧倒的な存在になり、強い会社を目指していきます。そして、タケムラ商事を「鶏肉の卸売業では日本一」と誇れるような会社にして、社員の皆さんが将来に夢をもって仕事ができるようにしていきたいと考えています。

 

 

 

ページトップへ